不知火テーマ紹介 相性の良いカードやデッキレシピなど 【遊戯王マスターデュエル】

不知火ってどんなテーマ?

除外されると効果を発動する不知火モンスター

「不知火」というテーマは、アンデット族モンスターで構成されていて、除外された場合に効果を発動するのが特徴です。

除外された場合にフィールドのカードを破壊したり、墓地から「不知火」モンスターを回収したりと、除外をうまく使いながら戦っていくのがこの「不知火」というテーマです。

なので、デッキや墓地からカードを除外できるカードと組み合わせることで真価を発揮します。

妖刀ー不知火で墓地シンクロ

《妖刀ー不知火》はレベル2のチューナーで、このカードが墓地にある場合は、墓地でシンクロを行うことができるカードです。

このカードと、墓地のチューナー以外のアンデット族モンスターを除外して、アンデット族シンクロモンスターをシンクロ召喚することができます。

「不知火」モンスターと一緒に除外することで、シンクロ召喚しつつ、除外した「不知火」モンスターの効果も使うこともできるようになります。

但し、墓地へ送られたターンには墓地でシンクロする効果は使えないので注意が必要です。

守備力0のモンスターなので、《不知火の陰者》の効果でデッキから特殊召喚できます。

不知火シンクロ・リンクモンスター

業神ー不知火 レベル5シンクロ

《業神ー不知火》は、特殊召喚に成功した場合に、フィールドのモンスター1体の表示形式を変更できる効果と、

このカードが除外された場合に、自分フィールドに「不知火トークン」を特殊召喚する効果を持っています。

刀神ー不知火 レベル6シンクロ

《刀神ー不知火》は、1ターンに1度、除外されている自分のアンデット族モンスター1体をデッキに戻して、その攻撃力以下の攻撃を持つ相手フィールドのモンスターを全て守備表示にする効果と、

このカードが除外された場合に、相手フィールドのモンスター1体の攻撃力を500下げる効果を持っています。

攻撃力が高くて突破できないモンスターがいるときに使いたい効果ですね。

妖神ー不知火 レベル7シンクロ

1ターンに1度、自分のメインフェイズに、自分の墓地及び自分フィールドの表側表示のモンスターの中から、1体選んで除外すると、その除外した種類によって効果をそれぞれ適用することができる効果を持っています。
その種類と効果は以下の通りとなります。

アンデット族なら、自分フィールドのすべてのモンスターの攻撃力を300上げる。

炎属性なら、フィールドの魔法・罠カードを1枚選んで破壊する。

シンクロモンスターなら、フィールドのモンスターを1体選んで破壊する。

除外した種類によってそれぞれなので、炎属性のアンデット族モンスターを除外したなら、

自分フィールドのすべてのモンスターの攻撃力を300上げて、フィールドの魔法・罠を破壊するになり、

炎属性のアンデット族のシンクロモンスターなら、すべての効果を適用できます。

「不知火」モンスターの除外効果と合わせて使いましょう。

戦神ー不知火 レベル8シンクロ

《戦神ー不知火》は、このカードが特殊召喚に成功した場合に、自分の墓地のアンデット族モンスターを1体除外すると、このカードの攻撃力をターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力分上げる効果を持っています。

こちらも「不知火」モンスターを除外することで、攻撃力を上げつつ、「不知火」モンスターの効果を使うことができます。

また、フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られると、除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスターを1体墓地へ戻すことができます。

もし《妖刀ー不知火》が墓地シンクロの効果を使って除外されているなら、墓地へ戻すことでまた使えるようになります。

炎神ー不知火 レベル10シンクロ

《炎神ー不知火》は、特殊召喚に成功した場合に、自分の墓地及び除外されているカードの中から、アンデット族シンクロモンスターを任意の数EXデッキに戻すことで、戻した数だけ相手フィールドのカードを選んで破壊できます。

アンデット族シンクロモンスターが墓地や除外ゾーンにいればいるだけ破壊できる枚数が増える強力な効果です。

また、自分フィールドのアンデット族が戦闘・効果で破壊される代わりに、自分の墓地の「不知火」モンスターを除外する効果も持っています。

破壊を防げる上に、除外した「不知火」モンスターの効果でアドバンテージを稼ぐことができます。

麗神ー不知火 リンク3

この《麗神ー不知火》は、フィールドに存在する限り、シンクロモンスターには効果破壊耐性を、炎属性には戦闘破壊耐性を付与します。

炎属性のシンクロモンスターであれば戦闘・効果両方の耐性を持つことができます。

また、相手ターンに、除外されている自分のアンデット族シンクロモンスターを1体、このカードのリンク先に特殊召喚することができます。

不知火と相性の良いテーマ

ライトロード

「ライトロード」は、デッキからカードを墓地へ送りながら戦うテーマです。

その「ライトロード」と「不知火」を組み合わせることによって、「不知火」モンスターを墓地に効率よく送ることができ、除外しやすい環境を作ることができます。

《妖刀ー不知火》が墓地へ落ちれば、次のターンに墓地シンクロするための準備を整えることができます。

不知火と相性の良いカード

妖精伝姫ーシラユキ

《妖精伝姫ーシラユキ》は、召喚・特殊召喚に成功した場合に、相手フィールドの表側表示のモンスター1体を裏守備にすることができるモンスターです。

また、このカードは墓地に存在する場合に、自分の手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカードを7枚除外すると、このカードを特殊召喚できます。

つまり、一度に大量のカードを除外できるので、「不知火」モンスターの効果を発動しやすくなるので「不知火」との相性がいいです。

しかもこの効果は相手のターンにも発動できるので、相手のターンに《不知火の宮司》などを除外して相手の妨害をすることもできます。

不知火が苦手なカード

霊滅術師 カイクウ

このカードが相手モンスターゾーンに存在すると、こちらはお互いの墓地のカードを除外できなくなります。

除外しながら戦う「不知火」にはきついカードです。

不知火を使ったデッキ紹介

デッキレシピ準備中

まとめ

墓地のカードを除外したり、除外されてるカードを戻したりして、効果を発動しながら戦うのが「不知火」というテーマです。

他のアンデット族のテーマとも組み合わせやすく、恩恵を受けることもできます。

「不知火」単体でデッキを組むというよりは、他のテーマと組み合わせながらデッキを組んだほうがいいと思います。

おすすめ通販サイト

おすすめオリパ

デッキの組み方

おすすめランク8エクシーズ

ラビュリンス必須パーツ

タイトルとURLをコピーしました