【おすすめ】御巫(みかんこ)と相性の良いカード7選《遊戯王》

遊戯王
スポンサーリンク

御巫(みかんこ)と相性の良いカード7選

宣告者の神巫

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。②:このカードがリリースされた場合に発動できる。手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=15083&request_locale=ja

《宣告者の神巫》は、召喚・特殊召喚に成功した場合に、デッキ・EXデッキから天使族モンスターを墓地へ送ることで、このカードのレベルをターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル分上げることができる効果を持っています。


このカードは儀式を行うデッキではよく採用されるモンスターで、この効果でEXデッキから《虹光の宣告者》を墓地へ送ることで、墓地へ送られた《虹光の宣告者》の効果が発動し、デッキから儀式モンスターか儀式魔法カードを1枚手札に加えることができます。


この効果で、《オオヒメの御巫》を手札に持ってくることで、《オオヒメの御巫》のサーチ効果が使えるようになり、スムーズに動き出すことができます。


さらに、《オオヒメの御巫》の効果で《伝承の大御巫》をサーチし発動することで特殊召喚することができるので、レベルが6になった《宣告者の神巫》と合わせることで、ランク6エクシーズモンスターをエクシーズ召喚することが可能です。


また、《宣告者の神巫》の効果で墓地へ送るモンスターを《虹光の宣告者》から《旧神ヌトス》に変えれば、墓地へ送られた《旧神ヌトス》の効果で、フィールドのカードを1枚破壊することもできます。

サイバー・エンジェルー弁天ー

「機械天使の儀式」により降臨。①:このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。②:このカードがリリースされた場合に発動できる。デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=6845&request_locale=ja

《サイバー・エンジェルー弁天ー》は、レベル6の儀式モンスターです。


《機械天使の儀式》という儀式魔法カードの効果で儀式召喚可能なモンスターなのですが、「御巫」デッキに採用する場合、基本的にこのカードを儀式召喚することはないでしょう。


このカードの主な使い道は、儀式召喚のリリース要員です。


このカードは、リリースされた場合に、デッキから「天使族・光属性」モンスターを1体手札に加えることができるので、《オオヒメの御巫》の儀式の素材としてリリースすることで、デッキから「天使族・光属性」モンスターを手札に持ってくることができます。


「御巫」デッキに採用される主な「天使族・光属性」モンスターは、《オオヒメの御巫》か《宣告者の神巫》のどちらかでしょう。


《宣告者の神巫》を持ってきて、上で紹介したような動きのするのもいいですし、次のターンのために、また《オオヒメの御巫》を持ってきておくのもありです。


レベル6なので、このモンスター1体で《オオヒメの御巫》の儀式要員になることができ、さらに次のターンの準備もできるカードなので、ぜひ《宣告者の神巫》と一緒に採用したいところです。

焔聖騎士ーリナルド

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに戦士族・炎属性モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚したこのカードはチューナーとして扱う。②:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、「焔聖騎士-リナルド」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=15082&request_locale=ja

《焔聖騎士ーリナルド》は、炎属性・戦士族のレベル1モンスターで、自分フィールドに「戦士族・炎属性」モンスターがいれば手札から特殊召喚することができるという効果を持っています。


「御巫」デッキでは《剣の御巫ハレ》が「戦士族・炎属性」なので、《剣の御巫ハレ》がフィールドに存在すると特殊召喚が可能です。


また、このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地か除外されているカードの中から《焔聖騎士ーリナルド》以外の「戦士族・炎属性」モンスター1体か装備魔法カードを手札に加えることができます。


【御巫】は、装備魔法を駆使しながら戦っていくテーマなので、墓地に装備魔法カードが溜まりやすいのですが、《オオヒメの御巫》が、1ターンに1度、墓地の装備魔法カードを装備できるという効果を持っているので、墓地からてきとうに装備魔法カードを手札に戻してしまうと、《オオヒメの御巫》の効果を活かすことができなくなります。


墓地に、ある程度装備魔法カードがあるのを確認した上で、戻していいものと墓地に残しておいた方がいいものとを見極めるようにしましょう。


《御巫の火叢舞》と《御巫の水舞踏》は、自分のターンに発動する効果なので、この2枚は手札に戻してもいいかもしれません。


逆に《御巫の誘い輪舞》は、相手のターンに《オオヒメの御巫》の効果で装備すると強いカードなので、墓地に残しておいた方がいいでしょう。

儀式の準備

①:デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加える。その後、自分の墓地の儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=8492&request_locale=ja

《儀式の準備》は、デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加え、その後、自分の墓地の儀式魔法カードを1枚手札に加えることができる効果を持っています。


単純に《オオヒメの御巫》のサーチ手段として使え、もし《オオヒメの御巫》が手札にあるなら、儀式の素材として使える《サイバー・エンジェルー弁天ー》を手札に加えることもできます。


儀式を行うテーマであれば《儀式の準備》か《儀式の下準備》のどちらかは必ずと言っていいほど採用されるのですが、【御巫】の場合は、「御巫」儀式魔法カードの《御巫神楽》に《オオヒメの御巫》のカード名が記されていないので、《儀式の下準備》が使えず、《儀式の準備》の方を採用することになります。

ストーンヘンジ

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分の墓地の攻撃力0のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=17640&request_locale=ja

《ストーンヘンジ》は、自分の墓地の攻撃力0のモンスター1体を対象として発動することができ、そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備するという効果を持った装備魔法カードです。


「御巫」モンスターは、全て攻撃力0のモンスターなので、このカードの効果で墓地から蘇生させることが可能です。


儀式モンスターである《オオヒメの御巫》も、《御巫神楽》を使用し正規の方法で特殊召喚している場合は、墓地から特殊召喚することができます。


墓地から「御巫」モンスターを蘇生でき、さらにそのままそのモンスターに装備できるので、「御巫」モンスターの効果も使用することが可能になり、とても便利です。

交血鬼ーヴァンパイア・シェリダン

レベル6モンスター×2体以上

元々の持ち主が相手となるモンスターをこのカードのX召喚の素材とする場合、そのレベルを6として扱う。①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。②:1ターンに1度、フィールドのモンスターカードが、効果で相手の墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊され相手の墓地へ送られた場合、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=13650&request_locale=ja

《交血鬼ーヴァンパイア・シェリダン》は、ランク6のエクシーズモンスターです。


レベル6以上のモンスター2体以上でエクシーズ召喚できるのですが、このカードは、元々の持ち主が相手のモンスターをこのカードのエクシーズ素材とする場合、そのモンスターのレベルを6として扱うことができるという少し変わった効果を持っています。


「御巫」デッキには、《御巫の誘い輪舞》という相手のモンスターのコントロールを得ることができる装備魔法が存在するので、それを使って相手のモンスターを奪うことでこのカードのエクシーズ素材にすることができます。


ただし、エクシーズモンスターやリンクモンスターなどのレベルを持たないモンスターは、レベル6にならずエクシーズ素材にはできないので注意が必要です。


このカードの①の効果は、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くことで、相手フィールドのカードを1枚墓地へ送ることができる効果です。


対象を取る効果ではありますが、「破壊」ではなく「墓地へ送る」なので、「効果破壊耐性」を持ったモンスターや「破壊された場合に効果を発動するモンスター」などの処理に有効です。


②の効果は、1ターンに1度、フィールドのモンスターが、効果で相手の墓地へ送られた場合か戦闘で破壊されて相手の墓地へ送られた場合に、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くことで、そのモンスター1体を自分フィールドに守備表示で特殊召喚することができる効果です。


①の効果で相手のモンスターを墓地へ送り、②の効果でそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚できるので、このカード1枚で完結することができます。


もちろん①の効果で墓地へ送るのは、モンスターに限らず魔法・罠カードも選択することができますが、このカードの効果を最大限に活かしたい場合は、モンスターを墓地へ送るのがいいでしょう。

アルティマヤ・ツィオルキン

ルール上、このカードのレベルは12として扱う。このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。②:フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=11614&request_locale=ja

《アルティマヤ・ツィオルキン》は、シンクロモンスターなのですが、召喚方法が少し特殊なモンスターです。


自分フィールドのレベル5以上で同じレベルの、チューナーと非チューナーモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚することができます。


最初に紹介した《宣告者の神巫》の、ランク6エクシーズへの動きの中で、エクシーズ直前のレベル6の《宣告者の神巫》と《オオヒメの御巫》が並んでいる状態がまさに「レベル5以上で同じレベルの、チューナーと非チューナーモンスターが1体ずつ並んでいる状態」になります。


なので、その状態でエクシーズに行かずに、その2体を墓地へ送ることで、《アルティマヤ・ツィオルキン》を特殊召喚することができます。


《アルティマヤ・ツィオルキン》は、1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた場合に、「パワー・ツール」シンクロモンスターかレベル7・8のドラゴン族シンクロモンスターをEXデッキから特殊召喚することができるという効果を持っているので、この効果で、ターン1で相手モンスターの効果を無効にし破壊できる《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》出して、相手にプレッシャーをかけることができます。


また、【御巫】は装備魔法を多用するデッキなので、「パワー・ツール」系のシンクロモンスターを採用するのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク

御巫(みかんこ)を使ったデッキレシピ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました