【おすすめ】戦華デッキと相性の良いカード7選《遊戯王》

三国志をモチーフにしたテーマ【戦華】


《戦華の徳ー劉玄》や《戦華の叛ー呂奉》など、三国時代の英雄が元となっているモンスターが多数存在しており、三国志ファンとしてはぜひ組んでみたいデッキではないでしょうか。


では、そんな【戦華】と相性の良いカードにはどんなカードがあるのでしょうか。


この記事では、戦華デッキを組む際に、デッキに採用する候補となる【戦華】と相性の良いカードを7枚紹介します。


ぜひデッキを組む際の参考にしてみてください。

戦華デッキと相性の良いカード7選

炎舞ー「天璣」

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:このカードの発動時の効果処理として、デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=10418&request_locale=ja

《炎舞ー「天璣」》は、発動時にデッキからレベル4以下の獣戦士族モンスターを1体手札に加えることができる永続魔法カードです。


「戦華」モンスターは全て「獣戦士族」で統一されていて、レベル4以下の「戦華」モンスターであればこの《炎舞ー「天璣」》でサーチすることができます。


基本的には、「戦華」デッキの初動である《戦華の仲ー孫謀》を持ってくることになると思います。


また、永続魔法なのでサーチ効果を使った後は、《戦華の仲ー孫謀》の効果のコストとして使用することができます。


【戦華】は、《戦華の仲ー孫謀》からのワンキルパターンも存在するので、その《戦華の仲ー孫謀》をサーチできる《炎舞ー「天璣」》は【戦華】と非常に相性がいいです。

スキルドレイン

1000LPを払ってこのカードを発動できる。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=5740&request_locale=ja

《スキルドレイン》は、1000ポイントをコストとして支払うことで、このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、フィールドの表側表示のモンスターの効果を無効化することができる永続罠カードです。


昔から強いカードで、今でも多くのプレイヤーを苦しめています。


このカードの効果は自分にも影響があるので、フィールドで効果を使うことが少ないデッキで採用されることが多いです。


「戦華」デッキは、フィールドで効果を発動するモンスターが多数いるので、一見相性は良くないように思えますが、《戦華の仲ー孫謀》のコストで墓地へ送ったりすることができるので、相手のターンに《スキルドレイン》で相手モンスターの効果を封じて、自分のターンに《戦華の仲ー孫謀》で墓地へ送って、その後は自分は効果を使って展開するといった動きができます。


また、《戦華の雄ー張徳》や《戦華の叛ー呂奉》などの効果力モンスターは、手札で効果を発動するモンスターなので、《スキルドレイン》の影響なく特殊召喚することができます。


特殊召喚した後は、《スキルドレイン》で効果が無効化されても、攻撃力が高いのでアタッカーとして活躍できます。

魔封じの芳香

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=5008&request_locale=ja

《魔封じの芳香》は、このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードは1度セットしなければ発動できなくなり、次の自分のターンが来るまで発動できなくなる永続罠カードです。


魔法カードの発動を1ターン遅らせることができるので、相手のデッキによっては展開を遅らせることにも繋がることがあります。


また、先ほどの《スキルドレイン》同様、永続罠なので、《戦華の仲ー孫謀》で自分の好きなタイミングで墓地へ送ることができるので、自分にとって悪影響になることは少ないです。

ジャブィアント・パンダ

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:フィールドに獣戦士族モンスターが2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500アップする。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=15564

《ジャブィアント・パンダ》は、レベル3の獣戦士族モンスターで、フィールドに獣戦士族モンスターが2体以上存在する場合に、手札から特殊召喚できる効果を持っています。


「戦華」デッキで、獣戦士族モンスターを2体以上揃えるのは容易で、例えば、《戦華の仲ー孫謀》の効果で《戦華の智ー諸葛孔》を手札に加えることで、「戦華」モンスターの効果で手札に加わった《戦華の智ー諸葛孔》を手札から特殊召喚することができるので、それだけで2体揃います。


その状態で《ジャブィアント・パンダ》を特殊召喚することで、リンク3のモンスターに繋げることができます。


さらに、リンク召喚に使用した《ジャブィアント・パンダ》がフィールドから墓地へ送られることにより、自分フィールドの表側表示のモンスター1体の攻撃力を500上げることもできます。

魁炎星王-ソウコ

獣戦士族レベル4モンスター×2

①:このカードがX召喚に成功した時に発動できる。デッキから「炎舞」魔法・罠カード1枚をセットする。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。獣戦士族以外のフィールドの全ての効果モンスターの効果は相手ターン終了時まで無効化される。③:このカードがフィールドから墓地へ送られた時、自分フィールドの表側表示の「炎舞」魔法・罠カード3枚を墓地へ送って発動できる。レベル4以下で同じ攻撃力の獣戦士族モンスター2体をデッキから守備表示で特殊召喚する。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=10407

《魁炎星王-ソウコ》は、ランク4のエクシーズモンスターで、獣戦士族モンスター2体でエクシーズ召喚できます。


《戦華の仲ー孫謀》からの《戦華の智ー諸葛孔》の流れで素材は揃えることができます。


エクシーズ召喚に成功した時に、デッキから「炎舞」の魔法・罠カードを1枚セットすることができる効果を持っており、先ほど紹介した《炎舞ー「天璣」》をデッキからセットすることができます。


《炎舞ー「天璣」》は1ターンに1枚しか発動できないので、もしこのターンに既に発動していた場合は、次のターンの準備としてセットしておくといいでしょう。


2つ目の効果は、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くことで、獣戦士族以外のフィールドの全ての効果モンスターの効果を相手ターン終了時まで無効にすることができる効果です。


効果を無効にできる強力な効果ですが、起動効果なので、相手モンスターの効果の発動に対してチェーンするといったことはできません。


また、この効果発動後に召喚されたモンスターには、無効効果は適用されないので、意外と使い道が難しい効果です。

混沌の戦士 カオス・ソルジャー

カード名が異なるモンスター3体

①:レベル7以上のモンスターを素材としてリンク召喚したこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。●このカードの攻撃力は1500アップする。●このカードは次の自分ターンのバトルフェイズ中に2回攻撃できる。●フィールドのカード1枚を選んで除外する。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=14193&request_locale=ja

《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》はリンク3のモンスターで、カード名が異なるモンスター3体でリンク召喚することができます。


モンスターが横並びしやすい【戦華】では、召喚条件を満たしやすく、《戦華の雄ー張徳》や《戦華の義ー関雲》、《戦華の叛ー呂奉》などの特殊召喚しやすいレベル7以上のモンスターを素材に使うことで、「相手の効果の対象にならない効果」と「相手の効果では破壊されない」効果を得ることができます。


このカードが戦闘で相手モンスターを破壊することで効果を発動でき、「攻撃力を1500上げる効果」「次のバトルフェイズで2回攻撃できる効果」「フィールドのカードを1枚選んで除外する効果」の中から1つ選ぶことができます。

鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。除外されている自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数以下のレベルを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから手札に加える。

https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/card_search.action?ope=2&cid=15527&request_locale=ja

《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》は、リンク4のモンスターで、獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上でリンク召喚できるモンスターで、主に【鉄獣戦線】のエースとして使われているモンスターですが、獣戦士族モンスターしかいない「戦華」デッキでも採用することができます。


このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の「獣族・獣戦士族・鳥獣族」モンスターが特殊召喚された場合に、フィールドのカードを1枚選んで除外することができる効果を持っています。


《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》をリンク召喚するだけで、フィールドのカードを1枚除外することができ、さらに次のターンまで生き残っていれば、「戦華」モンスターを特殊召喚することでもう1枚カードを除外することができます。


《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》のこの効果の発動条件は、リンク召喚じゃなく特殊召喚なので、《死者蘇生》などを使って墓地から蘇生した場合でも効果を使うことができます。


リンク4なので、なかなか召喚するのが大変なモンスターですが、その分効果は強力です。

戦華を使ったデッキレシピ

タイトルとURLをコピーしました