【OP01】トラファルガー・ローと相性の良いカード・採用デッキ《ワンピース カードゲーム》

トラファルガー・ロー(OP01)と相性の良いカード3選

ジュエリー・ボニー(OP01)

《ジュエリー・ボニー》は、自分のメインフェイズ時に、コストエリアのドン!!を1枚レストにし、さらに自分自身もレストにすることで、自分のデッキの上から5枚の中にある「超新星」の特徴を持つカードを1枚手札に加えることができる効果を持っています。


この効果で、「超新星」を持つ《トラファルガー・ロー》をサーチすることができます。


また、《トラファルガー・ロー》の「登場時」の効果で、《ジュエリー・ボニー》を手札に戻し、再び出すことで、《ジュエリー・ボニー》のサーチ効果をもう1度使うことが可能になります。

① 《ジュエリー・ボニー》のサーチ効果を使う

② 《トラファルガー・ロー》を登場させ、「登場時」の効果で《ジュエリー・ボニー》を戻し、再び出す

③ 《ジュエリー・ボニー》のサーチ効果がもう1度使えるようになる

このように《ジュエリー・ボニー》のサーチ効果を複数回使うことで、手札を補充することができ、カウンター等のカードを使っても手札切れを起こしにくくなり、余裕を持って戦えるようになります。

ナミ(OP01)

《ナミ(OP01)》も、《ジュエリー・ボニー》と同じくサーチ効果を持つキャラです。


《ナミ》は、「登場時」に、自分のデッキの上から5枚の中にある「麦わらの一味」の特徴を持つカードを1枚手札に加えることができる効果を持っています。


《ジュエリー・ボニー》の「麦わらの一味」版といった感じです。


この《ナミ》も《トラファルガー・ロー》の効果を使うことで、サーチ効果を2回使うことが可能です。

① 《ナミ》を登場させ、「登場時」効果でサーチ

② 《トラファルガー・ロー》を登場させ、「登場時」の効果で《ナミ》を戻し、再び出す

③ 再び登場したので、もう1度「登場時」効果でサーチ

ただ、この《ナミ》と《ジュエリー・ボニー》には違いがあり、効果発動の条件が《ナミ》は「登場時」で《ジュエリー・ボニー》は「起動メイン」となっています。


登場するだけで効果が発動する《ナミ》の方が簡単に効果を発動できますが、効果を発動できるのは、その1度きりです。


逆に《ジュエリー・ボニー》は効果を発動するためにコストを1多く使うことになりますが、次の自分のターンまで生き残っていれば、再び効果を発動することができます。


そもそもサーチできるカードが違うので、どちらがいいといった比較はできませんが、赤緑の多色デッキの場合、「超新星」と「麦わらの一味」の両方の特徴を持つ《モンキー・D・ルフィ》《ロロノア・ゾロ》がいるので、どちらもサーチ要因として採用することがあるかもしれません。


その場合は、状況に適した方を使うようにしましょう。

ロロノア・ゾロ(OP01)

《ロロノア・ゾロ(OP01)》は「速攻」を持つキャラで、「速攻」を持つキャラは登場したターンにアタックすることができます。


このカードと《トラファルガー・ロー》を組み合わせることで、《ロロノア・ゾロ》は1ターンに2回アタックができるようになります。

① 《ロロノア・ゾロ》を登場させ、「速攻」の効果でアタックする

② アタックした《ロロノア・ゾロ》はレスト状態になる

③ 《トラファルガー・ロー》を登場させ、「登場時」の効果で《ロロノア・ゾロ》を戻し、再び出す

④ 一度手札に戻ったことにより、《ロロノア・ゾロ》はアクティブ状態でフィールドに戻ってくる

⑤ アクティブ状態なので、もう1回アタックができる

トラファルガー・ローを採用したデッキ

【緑単】超新星ユースタス・キッドデッキ

【緑】超新星ユースタス・キッドデッキレシピ 《ワンピースカードゲーム》
デッキレシピリーダーカードライフカード名色特徴収録弾5ユースタス・キッド緑超新星/キッド海賊団ST02キャラクターカードコストカード名色特徴収録弾枚数1ジュエリー・ボニー緑超新星/ボニー海賊団ST0241カ...

【赤緑】超新星+麦わらローデッキ

【赤緑】超新星+麦わらトラファルガー・ローデッキレシピ《ワンピースカードゲーム》
デッキレシピリーダーカードライフカード名色特徴収録弾4トラファルガー・ロー赤・緑超新星/ハートの海賊団OP01キャラクターカードコストカード名色特徴収録弾枚数1ナミ赤麦わらの一味ST0141ナミ赤麦わらの一...
タイトルとURLをコピーしました