【必見】 ブラック・マジシャンデッキのレシピ ・回し方 【遊戯王マスターデュエル】

ブラックマジシャンデッキ

デッキレシピ

モンスターカード

レベルカード名属性種族枚数
7守護神官マハード魔法使い族
7ブラック・マジシャン魔法使い族
6ブラック・マジシャン・ガール魔法使い族
6幻想の見習い魔導師魔法使い族
3マジシャンズ・ロッド魔法使い族
1マジシャンズ・ソウルズ魔法使い族
4E・HERO プリズマー戦士族
3灰流うららアンデット族

魔法・罠カード

カード名種類枚数
黒の魔導陣永続魔法
魂のしもべ速攻魔法
ティマイオスの眼通常魔法
師弟の絆通常魔法
黒・爆・裂・破・魔・導速攻魔法
黒・魔・導通常魔法
マジシャンズ・サルベーションフィールド魔法
ハーピィの羽根箒通常魔法
死者蘇生通常魔法
ライトニング・ストーム通常魔法
墓穴の指名者速攻魔法
永遠の魂永続罠
マジシャンズ・ナビゲート通常罠
スキルドレイン永続魔法
マジシャンズ・コンビネーション永続罠

エクストラデッキ

カード名種類属性種族枚数
幻想の黒魔導師エクシーズ魔法使い族
超魔導師ーブラック・マジシャンズ融合魔法使い族
超魔導戦士ーマスター・オブ・カオス融合魔法使い族
超魔導剣士ーブラック・パラディン融合魔法使い族
超魔導騎士ーブラック・キャバルリー融合魔法使い族
竜騎士ブラック・マジシャン融合ドラゴン族
竜騎士ブラック・マジシャン・ガール融合ドラゴン族
呪符竜融合ドラゴン族
リンクリボーリンクサイバース族
サクリファイス・アニマリンク魔法使い族

ブラックマジシャンデッキの特徴

あらゆる場所から《ブラック・マジシャン》を召喚

このデッキのエースモンスターは間違いなく《ブラック・マジシャン》です。


「ブラック・マジシャン」デッキは、この《ブラック・マジシャン》を特殊召喚できるカードが豊富で、手札・デッキ・墓地など、あらゆる場所から特殊召喚できます。

手札から特殊召喚できる《マジシャンズ・ナビゲート》

通常罠の《マジシャンズ・ナビゲート》は、発動すると、手札から《ブラック・マジシャン》1体を特殊召喚し、その後、「レベル7」以下の「魔法使い族」「闇属性」モンスターを1体デッキから特殊召喚することができます。


手札から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚する手段の1つです。


さらにデッキから「レベル7」以下の「魔法使い族」「闇属性」を出せるので、ここでもう1体《ブラック・マジシャン》を特殊召喚することによって、《幻想の黒魔導師》へとエクシーズ召喚することができます。


また、手札かフィールドに《黒・爆・裂・破・魔・導》があれば、特殊召喚するモンスターを《ブラック・マジシャン・ガール》にすることにより、発動条件を満たすことができ、相手フィールドのカードをすべて破壊することが可能です。


《ブラック・マジシャン》をデッキから手札に加える方法には、《幻想の見習い魔導師》などがあります。

《マジシャンズ・ソウルズ》で実質デッキから特殊召喚

《マジシャンズ・ソウルズ》は、このカードが手札にある場合に、デッキから「レベル6」以上の「魔法使い族」モンスターを1体墓地へ送ることで、このカードを特殊召喚するか、このカードを墓地へ送り、墓地の《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》1体を特殊召喚することができます。


この効果により、このカード1枚から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚することができます。


また、効果発動のコストとしてデッキから墓地へ送るカードを《ブラック・マジシャン》にすることで、実質デッキから《ブラック・マジシャン》を特殊召喚したことになります。

《永遠の魂》で毎ターン手札・墓地から特殊召喚

《永遠の魂》は永続罠カードで、1ターンに1度、手札・墓地から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚することができる効果を持っています。


手札・墓地と、特殊召喚できる範囲が広く、さらに毎ターン特殊召喚することができるので、優先的に発動したいカードです。


また、このカードが魔法・罠ゾーンに存在する限り、自分モンスターゾーンの《ブラック・マジシャン》は、相手の効果を受けなくなるので、相手の破壊効果や除外効果などから《ブラック・マジシャン》を守ってくれます。


ただし、表側表示のこのカードがフィールドから離れると、自分フィールドのモンスターはすべて破壊されてしまうので、《サイクロン》や《ハーピィの羽根箒》などの魔法・罠カードを破壊する系のカードには注意しましょう。


この《永遠の魂》は、フィールド魔法カードである《マジシャンズ・サルベーション》の効果で、デッキから自分フィールドにセットすることができます。

他にもまだまだある特殊召喚方法

《ブラック・マジシャン》を特殊召喚する方法は、今紹介した3つ以外にもまだまだあります。


《ブラック・マジシャン・ガール》が召喚・特殊召喚に成功した場合に、フィールドに《マジシャンズ・サルベーション》があれば、《ブラック・マジシャン》を1体、墓地から特殊召喚することができます。


また《守護神官マハード》が戦闘・効果で破壊されると、手札・デッキ・墓地のいずれかから《ブラック・マジシャン》1体を特殊召喚することができます。


自分の効果で破壊されてもいいので、《永遠の魂》がフィールドから離れた場合に、この《守護神官マハード》が一緒に破壊された場合でも効果を発動することができます。


このように、《ブラック・マジシャン》は特殊召喚方法がほんとに豊富で、どこからでも出すことができるのが特徴です。

《ブラック・マジシャン》を特殊召喚することによる相手の妨害

《ブラック・マジシャン》は、特殊召喚方法が豊富で、どこからでも出てくるという話をしましたが、《ブラック・マジシャン》を召喚したら、次は相手の妨害をしていきましょう。


「ブラック・マジシャン」デッキには、「ブラック・マジシャンが召喚・特殊召喚された場合」や「ブラック・マジシャンがフィールドに存在する場合」に発動できる強力な妨害カードが多数存在し、これらのカードを使って、相手フィールドをこじ開けていきます。

相手フィールドのカードを除外できる《黒の魔導陣》

《黒の魔導陣》は、このカードが発動されている状態で、自分フィールド上に《ブラック・マジシャン》が召喚・特殊召喚された場合に、相手フィールドのカード1枚を除外することができるカードです。


何度も言っているように、このデッキは《ブラック・マジシャン》を召喚しやすいため、この効果を発動しやすくなっています。


「破壊耐性」を持っているモンスターにも有効で、問題なく除去することができます。


基本的にこのデッキは、この《黒の魔導陣》の除外効果を軸として戦っていくデッキで、このカードを発動中に《永遠の魂》や《マジシャンズ・ソウルズ》の効果で《ブラック・マジシャン》を特殊召喚して相手の妨害を行います。


特に《黒の魔導陣》と《永遠の魂》のコンボは強力で、毎ターン、除外効果を使うことができます。


なので、この2枚のカードを揃えることを優先しましょう。

《黒・爆・裂・破・魔・導》で相手フィールドのカードを全破壊

自分フィールドに、元々のカード名が《ブラック・マジシャン》と《ブラック・マジシャン・ガール》となるモンスターが存在している場合に発動できる《黒・爆・裂・破・魔・導》は、発動すると、相手フィールドのカードをすべて破壊することができます。


相手のフィールドを一掃できるとても強力なカードで、発動さえできれば、一気に盤面をひっくり返すことも可能です。


発動には、《ブラック・マジシャン》と《ブラック・マジシャン・ガール》の両方が必要で、《ブラック・マジシャン》は出すのは簡単という話はしましたが、実は《ブラック・マジシャン・ガール》も特殊召喚する手段はそれなりにあります。

《マジシャンズ・ナビゲート》

一つ目は、先ほども紹介した《マジシャンズ・ナビゲート》です。


手札から《ブラック・マジシャン》を特殊召喚した後、デッキから「レベル7」以下の「魔法使い族」「闇属性」モンスターを特殊召喚できるカードで、「レベル6」「魔法使い族」「闇属性」の《ブラック・マジシャン・ガール》をデッキから特殊召喚することができます。


これにより、《ブラック・マジシャン》と《ブラック・マジシャン・ガール》が自分フィールドに揃うことになります。

《マジシャンズ・ソウルズ》

2つ目は、こちらも先ほど紹介しました《マジシャンズ・ソウルズ》です。


このカードが手札にある場合に、デッキから「レベル6」以上の「魔法使い族」モンスターを墓地へ送ることで、このカードを墓地へ送り、墓地の《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚することができます。


《ブラック・マジシャン》がフィールドにいる場合は《ブラック・マジシャン・ガール》を、逆に《ブラック・マジシャン・ガール》がフィールドにいる場合は《ブラック・マジシャン》を特殊召喚しましょう。

《師弟の絆》

3つ目は、《師弟の絆》です。


このカードは、自分フィールドに《ブラック・マジシャン》が存在する場合に発動でき、自分の手札・デッキ・墓地から《ブラック・マジシャン・ガール》を1体特殊召喚し、その後、デッキから《黒・魔・導》《黒・魔・導・爆・裂・破》《黒・爆・裂・破・魔・導》《黒・魔・導・連・弾》のいずれか1枚を自分の魔法・罠ゾーンにセットできるカードです。


《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚できるだけでなく、《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》に関するカードをセットすることができ、そのカードの中にはもちろん《黒・爆・裂・破・魔・導》も含まれています。


《ブラック・マジシャン》さえ召喚していれば、このカード1枚で、《黒・爆・裂・破・魔・導》発動までの準備を整えることができます。


ただし、《黒・爆・裂・破・魔・導》は速攻魔法なので、セットされたターンに発動することはできません。

《マジシャンズ・コンビネーション》で相手の効果を無効に

永続罠カードの《マジシャンズ・コンビネーション》は、1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に、自分フィールドの《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》1体リリースして発動でき、リリースしたモンスターとはカード名が異なる《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》1体を手札・墓地から特殊召喚し、その発動した効果を無効にできます。


魔法・罠・モンスターの効果を無効化できる効果を持っていて、素材さえ揃っていれば毎ターン使うことができます。

サーチやドローソースも豊富

「ブラック・マジシャン」デッキには、特殊召喚カードや妨害カードだけではなく、それらをサーチするカードや、デッキからカードをドローする効果を持つカードもあります。

《マジシャンズ・ロッド》で魔法・罠をサーチ

《マジシャンズ・ロッド》は、召喚に成功した時に、デッキから《ブラック・マジシャン》のカード名が記された魔法・罠カードを1枚手札に加えることができます。


《ブラック・マジシャン》のカード名が記されたカードには、《黒の魔導陣》や《永遠の魂》などがあり、状況に応じてサーチするカードは選びましょう。

《魂のしもべ》でデッキトップ&ドロー

《魂のしもべ》は、自分の手札・デッキ・墓地から《魂のしもべ》以外の《ブラック・マジシャン》か《ブラック・マジシャン・ガール》のカード名が記されたカードまたは《ブラック・マジシャン》の中から1枚を選び、それをデッキの上に置く効果を持っています。


デッキトップに持っていける場所も「手札・デッキ・墓地」と範囲が広く、持っていけるカードも「ブラック・マジシャン」関連のほとんどのカードが対象になります。


その反面、持ってくるのは手札にではなく、デッキの一番上なので、1ターン遅れてしまうのがややネックです。


《魂のしもべ》にはもう1つ効果があり、自分のメインフェイズに、墓地のこのカードを除外することで、お互いのフィールド・墓地の「守護神官」モンスター、《ブラック・マジシャン》、《ブラック・マジシャン・ガール》の種類の数だけ自分はドローすることができます。


すべてのカードを合わせると、最大で4枚ドローすることができますが、すべてのカードをフィールド・墓地に揃えるのは効率がいいとは言えないので、2種類もしくは3種類集まったタイミングで使うのがいいと思います。


最悪1種類の時に使っても、1対1の交換なので損にはなりません。

ブラックマジシャンデッキのキーカード

《黒の魔導陣》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。その中に、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードまたは「ブラック・マジシャン」があった場合、その内の1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
②:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

まず、このカードの発動時にデッキの上から3枚の中に《ブラック・マジシャン》または《ブラック・マジシャン》のカード名が記された魔法・罠があれば、その中の1枚を手札に加える効果、そして1ターンに1度自分フィールド上に《ブラック・マジシャン》が召喚・特殊召喚された場合に、相手フィールド上のカードを1枚除外する効果を持っています。


①の効果でサーチできるカードには《魂のしもべ》や《永遠の魂》などがあります。基本的にこのデッキに入っている魔法・罠には《ブラック・マジシャン》カード名が記されているので十分に効果を発揮できます。


②の効果の発動条件はこのデッキであれば容易く、あらゆる方法で《ブラック・マジシャン》を特殊召喚できるので簡単に効果を発動することができます。

《マジシャンズ・ソウルズ》

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
②:自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

①の効果でデッキから《ブラックマジシャン》を墓地に送って、さらにそのまま特殊召喚することができます。


「黒の魔導陣」を発動していれば、相手のカードを1枚除外しつつ《ブラックマジシャン》を特殊召喚という流れも可能です。


②の効果は2対2のカード交換のような感じで、必要のない魔法・罠を2枚まで墓地に送ることで、その枚数分デッキからドローすることができる効果です。


墓地から除外することで効果を発動する《魂のしもべ》や《マジシャンズ・ナビゲート》を墓地に送ることで、デッキからドローできたり、相手のカードを破壊できたりと、デメリットすらメリットに変えてしまうことができます。

ブラックマジシャンデッキの回し方

黒の魔導陣を発動して、「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠を手札に加える
「マジシャンズ・ロッド」を召喚して、「マジシャンズ・サルベーション」を手札に加える
「マジシャンズ・サルベーション」を発動し、「永遠の魂」をセットする
手札の「マジシャンズ・ソウルズ」の効果で、デッキの「ブラック・マジシャン」を墓地へ送った後、墓地へ送った「ブラック・マジシャン」を特殊召喚する
「師弟の絆」で手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン・ガール」を特殊召喚し、「黒・爆・裂・破・魔・導」をセットする

ブラックマジシャンデッキの弱点

《ブラック・マジシャン》を除外

このデッキは《ブラック・マジシャン》を中心に回すデッキなので、《ブラック・マジシャン》を全て除外されてしまうと、たちまち何もすることが出来なくなってしまいます。なので除外系のデッキ相手だと相性が悪いです。

特殊召喚封じ

また、特殊召喚を封じるデッキも苦手としてます。《ブラック・マジシャン》を特殊召喚できないと、《黒の魔導陣》や《マジシャンズ・ソウルズ》《マジシャンズ・ナビゲート》などほとんどのカードが使えなくなってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました